代表挨拶

当社は自然環境に優しく太陽の恵みと大地の力を信じて安心・安全でおいしい農産物を食卓に届け、
心も体も健康になってもらいたい一心で生産を行っています。

長葱は昭和53年から作付けを開始して平成15年には宮城県が認定するエコファーマーの取得歴(現在は慣行栽培)があり、一年を通しての周年出荷をしています。

また、冬季限定での寒さで糖度が上がるちぢみホウレンソウを11月中旬~翌年2月下旬まで出荷しています。

米は特別栽培米ササニシキとひとめぼれを作付けしており、
今年度より『だて正夢』の生産出荷に取り組んでいます。
平成27年からはデンマーク王国へ献上米として贈るプロジェクトへも実行委員の一員として携わるご縁を頂き、
さらには平成28年度からササニシキの無農薬・無化学肥料栽培(有機JAS)へ挑戦中です。

一般に昨今の低所得や過重労働による後継者不足や、
TPPや大手企業の市場参入により農業経営の先行きも不安視される中、
今後はより付加価値を高め社員一丸となり6次産業化を進めて参ります。

これまでの一次産業を生業(生計を立てる)とすることに加えて未来へ持続できる農業へと事業展開し、
食の安全を守り、活力のある社会に貢献します。

佐藤農園
代表 佐藤祥

稲刈り_写真中.jpg