震災では、川を遡上した海水で田畑が浸かりましたが早急に塩抜きを行い、数年かけて以前の作付状況まで無事復旧しました。その後、ほ場の一部から米の無農薬栽培への挑戦をスタートしました。無農薬栽培は、これまでより育苗からほ場管理に手間ががかり技術も求められますが、高品質の作物を皆様へお届けするよう心を込めて生育管理し、出荷まで一貫して取り組んでいます。

先日の台風19号では田畑が浸水しましたが、水抜きをして何とか市場へ出荷出来ています。